リニューアルしました!

【家電レビュー】BONIQを使ってみた!低温調理器ランキングNO.1の実力はスゲー【使用感レポート】

低温調理器NO.1機種「BONIQ」の特徴は?

家電とコーラを愛する男。世界の山田です!

世界の山田

コカ・コーラ エナジー最高!

今日は当サイトの「低温調理器ランキング」↓

>>低温調理器ランキングを見る

こちらでNO.1をとった葉山社中の「BONIQ」を実際使って試してみようじゃないかというレビュー企画です!

低温調理器をどれにするか悩みすぎちゃって、頭が真っ白になってしまった人たちに是非見てもらいたい!

ランキング記事でも説明したけどもっと簡単にBONIQの特徴を4つの項目に分けてまとめたみた↓

  • 操作性:変換プラグ不要。鍋にワンタッチで固定できるクリップなど、ストレスなく操作できる。
  • メーカーの信頼性:国内初の低温調理器専門メーカーなので、安全な低温調理の仕方やレシピなど知識やノウハウが豊富。日本語が通じるのはもちろん、安心の1年間保証などのアフターケアも充実
  • レシピや横の展開:レシピサイト公式インスタページの更新頻度が高く、ユーザー同士のコミュニティーも盛り上がっている。また、BONIQ用の陶器の入れ物や鍋など関連商品も発売されている。
  • 今後の展望:現在日本の低温調理器業界を盛り上げてくれているNO.1ブランドなので、新商品の開発やキャンペーンなど注目したい。

個人的にバルミューダBRUNO crassy+と並ぶ今一番楽しみなブランドの1つ。これからの進化に期待!

BONIQの使い方はどんな感じ?

低温調理器用の良さげな鍋が無かったので、今回ちょっと買ってみた。

富士ホーローから発売されてる「両手鍋 ディープ キャセロールのSD-22DW・R」ってヤツ↓

 

 

近所の雑貨系のお店でなんも考えずに衝動買いしちゃったw
ちなみにお値段税込6480円↓

 

 

正直言って、もうちょっと値段リサーチしてから買うべきだったと反省・・・
でもBONIQのおかげでそれ以上のモノが得られるって考えたら・・・

「安いもんだぜ!(涙目)」

では箱から出して・・・
使い方の説明をします。


①後ろのクリップを使って「ワンタッチ」で鍋に固定

 


②具材があらかた準備出来たら鍋に水またはお湯を入れ、BONIQ本体の温度と時間をセッティング。

  1. ①の温度設定ボタン押して
  2. ③のジョグダイヤルで設定温度に合わせる。
  3. ②の時間設定ボタンも同じ要領で。
  4. ④のスタートボタン押す。
  5. 準備完了!後は食材を入れるだけ

簡単すぎてビビるレベルwww

メニューはBONIQの公式レシピを見ながら色々作ってこう!
ということで、今回料理が得意じゃない俺の為にスペシャルゲストに来てもらいました!


この人です↓

 

「はいどーもー僕です!」
(全然スペシャルじゃなくてごめんなさいね・・・)

 

ではメンチさんに調理を担当してもらうんでよろしくです~

BONIQを実際に使って調理開始!まずは角煮

2人であーでもないこーでもない言いながら、まずは角煮をチョイス↓

【80℃とろとろ豚ばらの角煮】

>>80℃とろとろ豚ばらの角煮の公式レシピを見る

まずは材料!豚バラ肉としょうが・ネギ、そしてタレ用の調味料を用意。

[spcolwrap][spcol2] [/spcol2][spcol2] [/spcol2][/spcolwrap]

 

豚バラ肉は500g500円のやっすいヤツにしたw
普段食べてる食材を、いつもよりいかに美味しく調理出来るのかってのが重要だからね。

①まずは豚バラ肉を半分にする

 

②フライパンで焼き目をつける
これだけでもうまそーw

 

 

③焼き目がついたらネギとしょうがと一緒に1時間30分~2時間下茹でする。
途中アク取りも忘れずに。

 

④その隙にタレを用意。
しょう油や砂糖を入れてグツグツ煮詰める

 

⑤豚肉に竹串をさしてスッと入ったら、火を消してそのままクールダウン。

 

⑥このくらいのタイミングでBONIQをセット!
このメニューは温度80℃・時間30分。

 

 

⑦豚肉が冷めてBONIQが設定温度に到達したら(到達したらピピピっと電子音が鳴る)、豚肉を3㎝くらいに切ってタレと一緒にジップロックに入れる。

3㎝くらいに切って~

 

  

 

タレと一緒にジップロックに入れる!

 

 

⑧そしてBONIQの湯せんに真空状態にして入れる。
(真空状態の仕方は本家のレシピにのってるよ~)

 

 

そして30分後・・・

 

完成!

BONIQで作った角煮を喰らう!

こんなに簡単なら料理できない俺にも作れそう。(メンチさんごめんなさいw)
盛り付けはレタスバージョンとネギバージョンの2種類作ったよ!

レタスバージョン↓見ただけで柔らかいと分かるこの見た目!

 

 

ネギバージョン。
これ・・・料亭で出されるヤツみたい!

 

では試食。

 

「うっま!!(思わずニヤける)」

 

500円とは思えない肉のうまさにマジで感動。
柔らかいしジューシーだし肉の旨みも感じるし、正直言ってここまでとは思ってなかった・・・

レビューに毎日使ってるって人がいたけど、あの単純作業だけでこんだけ美味しくなるならそりゃ使うわ。

でも・・・
こうなってくると・・・
人間って欲がでてきちゃうんだよね・・・

2人ともほぼ同時に思ったのはこれ↓

.。oO(もうちょい高い肉でやったらどうなっちゃうんだろ?)

という事で!!


早速やってみたwww

BONIQを使って角煮(2回目)&半熟たまご

今度は459gで税込883円のさっきよりワンランク上の豚肉。

 

 

今度はさらにゆで卵も入れようって話になったので、BONIQのレシピにのってたこれを試してみた↓

【90℃ 半熟煮卵の低温調理】

>>90℃ 半熟煮卵の低温調理の公式レシピを見る

ゆで卵は温度90℃・時間10分。
①まず卵を入れて

 

 

②氷水に浸して殻をむいたら、タレと卵をジップロックに真空状態で入れて放置。

 

 

後は半日から1日漬け込んだら終了!
俺達は角煮が出来るまでにした。

そして豚肉はさっきの作業をもう1度繰り返して作業終了!
ゆで卵とネギ、そして今回はインゲンをお供にしてみた↓

 

 

さっきのよりも更に美味しそう。
ゆで卵も良い感じ!

 

 

では再度試食。

 

「ヤッバ!(驚きすぎて無表情)」

柔らかさは若干さっきよりも柔らかいがそこまで変わらない。
でも肉の味がさっきよりも格段に美味しくなった!

さすが883円だぜ・・・w

でも肉の味の変化がちょっと食べたくらいで分かるってことは、BONIQが肉の味を大幅に引き出してる証拠だよね。
普通に調理しただけじゃそこまで分かんないもんな。

ゆで卵も1時間くらいしかタレにつけてないけど、ちゃんと味が入ってる。
ちゃんと半熟になってて、豚肉と一緒に食べると軽く意識を失うレベルにうまい。

 

でも・・・
こうなってくると・・・
人間って欲がでてきちゃうんだよね・・・(2回目)

 

.。oO(これ・・・鶏肉や牛肉も相当美味しくなるんじゃ・・・?)

 

という事で!!


早速やってみたwww(2回目)

BONIQを使ってジューシーな鶏ハムを作る

今度は公式レシピからこれをチョイス↓

【61℃ 自家製!美味しい鶏ハム】

>>61℃ 自家製!美味しい鶏ハムの公式レシピを見る

鶏肉はもともと俺が「明日のラーメンの具」用でキープしてた胸肉だから、値段忘れちゃったけど全然普通の安っすいヤツっすw

BONIQの設定は温度61℃・時間120分。

 

①鶏肉を観音開きにして脂身を切り取ってから、薄くのばす。

 

 

本当ならここで1日冷蔵庫で寝かしたり水に入れて塩抜き作業しなきゃいけないんだけど、2人の時間的な都合で省略w
という事で、かなり行程をワープ!

②ラップでクルクル巻き!
きつめに縛るのがポイント

 

 

③胸肉を静かに湯せんに投入。

 

 

そして2時間後・・・

完成ー!!

まずは半分に切って火の通りを確認。
うん!大丈夫!

 

 

BONIQで作った鶏ハムのお味は・・・?

盛り付け。

オリーブオイルありとなしの2パターンで盛ってみた。

まずはなし。

 

 

うまっそーーwww

お次はあり。

 

では試食!!

「胸肉なのにパサついてない!」

鶏肉の常識をぶち壊すジューシーな食感!
途中の工程をはしょっちゃったから味は結構な薄味になっちゃったけど、十分美味しい!
これはオリーブオイルと絡めたほうがより美味しい。

鶏の唐揚げとかもBONIQ使ったら相当美味しくなるんだろうな・・・
どんどん夢が広がってくるぜ!

BONIQで牛肉ステーキを作る

では・・・最後に牛肉。

これはさすがにキープが無いので、近所のスーパーで買ってきたw

ジャンッ!

100g880円のイチボを2枚買った!
本当はもっと安い肉でやる予定だったんだけど、欲望のかたまりと化した2人の勢いを止めることが出来なかった・・・

 

せっかく2枚買ったので、1枚はBONIQ通して、もう1枚はそのまま焼いて味比べしてみた。

 

 

ステーキのレシピはBONIQのレシピじゃなくて、一般の方のレシピでもやってみよーということで、同じくらいの分量でステーキ調理してる人のブログを発見したので真似してみたw

①塩コショウしたお肉をジップロックに入れる。

 

 

②BONIQの設定を温度58℃・時間60分にして湯せん

 

 

③1時間たったら湯せんから出す。

 

 

④片面を1分ずつ全体に綺麗な焼き目がつくように焼いたら・・・

 

 

完成!!

BONIQを使った牛肉ステーキの味比べ

手前がBONIQ使った方のお肉で奥が未使用。

 

 

BONIQ使ったお肉はガーリックチップをのっけて。

 

 

普通に焼いた方は大根おろしで食べてみた。

 

 

では試食!

 

「両方うめー!」(←1番ダメな感想ww)

 

良い肉を買ったので、2枚ともメチャクチャ美味しいw
そのまま焼いた方はメンチシェフにレアにしてもらったんだけど、BONIQを使った肉の柔らかさとほぼ同じ。

っていうか・・・

中までキッチリ火が通ってるのに、そのまま焼いたレアの肉とほぼ同じ柔らかさって・・・
改めて考えるとスゴイ。

レアだと「生っぽいのが苦手」という理由でウエルダンにする人がいるけど、どうしてもレアより肉が固くなるのは避けられない。
でもBONIQを使えば、シッカリと火が通ってるのに柔らかいので、レアが苦手な人でも柔らかいお肉を楽しむことが出来る!

これって画期的じゃね?

という事でこれにて試食会は終了!

っていうか・・・

 

「食べ過ぎた・・・腹パンパンwww」

BONIQの総評

BONIQを使う前だったら、

「私は低温調理器を毎日使ってるの~」

とか聞いたら、

.。oO(相当手間暇かけて料理してるんだなこの人)

という印象だったけど・・・
使用後の今となっては、

「分かる~俺も俺も!」

って即レスしてしまうほど、低温調理器は便利で身軽なアイテムだという事が分かった。
その中でも、ランキング1位をとった「BONIQ」は本当に使いやすいし、レシピの面でもかなり役に立つ。
ランキング内でも説明したが、他の低温調理器はどこかしら短所や不自由なとこが1つはあるのに、BONIQは欠点がない。

そこがスゴイ。

 

ちなみに俺が6480円で買ってしまった鍋だが・・・
BONIQの公式で販売してる同じサイズの鍋は6980円だった!

 

勝った・・・

 

 

と思ったのもつかの間・・・

 

「本体と陶器の入れ物と鍋」の3点セットで買うと20%割引になるので、
本体単体で税込21384円のところ3点まとめて買うと・・・

税込25712円(6428円オフ)

つまり実質、鍋と入れ物の両方合わせて4328円で買えるってこと。

失敗した・・・

やっぱり値段はキッチリ比べて買わないとね・・・

みんなは俺の二の舞にならないでくれ・・・

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です