【家電レビュー】低温調理器BONIQ(ボニーク)のレシピ&使い方をチェック!【お値段以上の調理家電】

目次

低温調理器BONIQ(ボニーク)を実際に使ってみる

家電とコーラを愛する男。世界の山田です!

当サイトの「低温調理器ランキング」

   

   

こちらでNO.1をとった葉山社中のBONIQを実際使って試してみようじゃないかというレビュー企画です。

  

  

低温調理器をどれにするか悩みすぎちゃって、頭が真っ白になってしまった人たちに是非見てもらいたい!

   

   

簡単にBONIQの特徴を4つの項目に分けてまとめたみた↓

BONIQまとめ

  • 操作性:変換プラグ不要。鍋にワンタッチで固定できるクリップなど、ストレスなく操作できる。
       
  • メーカーの信頼性:国内初の低温調理器専門メーカーなので、安全な低温調理の仕方やレシピなど知識やノウハウが豊富。日本語が通じるのはもちろん、安心の1年間保証などのアフターケアも充実
         
  • レシピや横の展開:レシピサイト公式インスタページの更新頻度が高く、ユーザー同士のコミュニティーも盛り上がっている。また、BONIQ用の陶器の入れ物や鍋など関連商品も発売されている。
         
  • 今後の展望:現在日本の低温調理器業界を盛り上げてくれているNO.1ブランドなので、新商品の開発やキャンペーンなど注目したい。

        

個人的バルミューダBRUNO crassy+と並ぶ今一番楽しみなブランドの1つ。これからの進化に期待!

BONIQの使い方はどんな感じ?

BONIQで使う良さげな鍋がなかったので、富士ホーローから発売されてる両手鍋 ディープ キャセロールのSD-22DW・Rという商品を買ってみた。

   

      

京王アートマンで衝動買いしたんだけど、お値段は税込で6480円

   

  

(その後amazonで調べたら送料込みで5,370円だった…よ…。泣きそう…いや。泣いてる…)

  

  

微妙に高いかな?って思ったけど、今後ずっと付き合ってく商品だし・・・

たくさん使って元を取ってやる!

    

ちなみにBONIQの梱包はこんな感じだよ!↓

     

使い方を簡単にご説明!

使い方の手順

手順① 後ろのクリップを使って「ワンタッチ」で鍋に固定

    

   

手順②具材があらかた準備出来たら鍋に水またはお湯を入れ、BONIQ本体の温度と時間をセッティング。

   

   

  1. ①の温度設定ボタンを押す
  2. ③のジョグダイヤルで設定温度に合わせる
  3. ②の時間設定ボタンも同じ要領で
  4. ④のスタートボタン押す  

手順④最後に食材を入れて準備完了!

簡単すぎて震えるレベルwww

これなら機械音痴の人年配の方でも悩まずに使いこなせそう。

メニューはBONIQの公式レシピを見ながら色々作っていきましょう!

(俺は料理が得意じゃないのでライターのメンチカツヲ氏に調理補助してもらいます)

BONIQを実際に使ってみよう!安い豚肉で角煮編

2人であーでもないこーでもない言いながら、まずは「80℃とろとろ豚ばらの角煮」をチョイス↓

>>80℃とろとろ豚ばらの角煮の公式レシピを見る

「80℃とろとろ豚ばらの角煮」の材料

材料

  • 豚バラ肉(500g500円の安いヤツ)
  • しょうが
  • ネギ
  • タレ用の各種調味料(画像参照)

「80℃とろとろ豚ばらの角煮」の手順

手順①豚バラ肉を半分にカットする

  

  

手順②フライパンで焼き目をつける

  

  

手順③豚肉に焼き目がついたら、ネギとしょうがと一緒に1時間30分~2時間下茹でする。途中アク取りを忘れずに。

   

    

手順④タレを用意する。しょう油・酒・みりんを入れてグツグツ煮詰める

  

  

手順⑤豚肉に竹串をさしてスッと入ったら、火を消してそのままクールダウン。

  

  

手順⑥BONIQをセット(このレシピでは温度80℃・時間30分) 

    

  

手順⑦豚肉が冷めたら3㎝幅に切って、タレと一緒にジップロックに入れる。

  

・3㎝幅に切って~

  

・タレと一緒にジップロックに入れる!

  

手順⑧BONIQが設定温度に到達したら(ピピピっと電子音が鳴る)豚肉入りのジップロックを真空状態にして湯せんに入れる。

(真空状態の仕方は、BONIQ公式の動画フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0←この動画がが分かりやすい!) 

   

  

手順⑨30分後アラームが鳴ったら完成!

BONIQで作った角煮を喰らう!

こんなに簡単なら料理出来ない俺にも作れそうな気がしてきたw

盛り付けはレタスバージョンとネギバージョンの2種類作ったよ!

レタスバージョン

   

見ただけで柔らかいと分かる見た目のインパクトがスゴイ!

   

ネギバージョン

   

料亭風のいかにもおいしいです的な雰囲気抜群な素晴らしい出来栄え!

むさくるしい男が二人で作ったとは思えないでしょ?

実食

お世辞抜きでうまい!

   

500円の安い豚肉とはとてもじゃないけど思えない…

柔らかいしジューシーだし肉の旨みも感じるし、正直言って…ここまで美味しくなるとは思ってなかった!

Amazonレビューに「毎日使ってますー」って書き込みあったけど、ちょっとの手間でこんだけおいしくなるならそりゃ毎日使うわな~。  

うんうん…

  

・・・ってことは?

   

ここで2人同時にある考えがひらめいたんだよね。

   

安い肉がこれだけおいしくなるってことは・・・?

高い肉でやったらどうなっちゃうのよ?

    

という事で・・・早速やってみた!

BONIQを使って角煮(2回目)&半熟たまご

  

買ってきたのは「459gで税込883円」のさっきよりワンランク高い豚肉。

(普段なら絶対買わない俺たちにとっては贅沢品)

今度はさらにゆで卵も入れようって話になったので、BONIQのレシピにのっていた「90℃ 半熟煮卵の低温調理」を試してみた↓

>>90℃ 半熟煮卵の低温調理の公式レシピを見る

材料は割愛するので公式レシピを見てね!(←手抜き)

90℃ 半熟煮卵の低温調理の手順

手順①BONIQを温度90℃・時間10分でセッティング

手順②設定温度になってアラームが鳴ったらお玉を使って静かに卵を鍋の中に入れる

   

   

手順③10分経ってアラームが鳴ったら、氷水に浸して殻をむく

手順④タレと卵をジップロックに入れて(真空状態)放置。

  

   

手順⑤半日から1日漬け込んだら完成!

お次は高い豚肉で角煮!

(角煮は安い肉で作ったときと同じ要領だからバッサリ割愛します)

今回のトッピングは、先程作った煮卵ネギ、そしてインゲンをお供にしてみた!

   

実食

めちゃくちゃ旨そうに出来たから別角度からもう一枚(笑)

 

  

煮卵があると色味も全然違うよね~

角煮1回目よりも数段レベルアップした感じ。

いただきます!

   

モグモグ・・・

ムシャムシャ…

  

(本当においしすぎて言葉が出てこない現象になてしまうほど旨すぎる・・・)

安い豚肉よりもさらに柔らかくなり、肉の旨味も格段に上がる!

   

さすが883円の高級豚肉だぜ・・・

   

肉本来の旨味を最大限に引き出してくれるBONIQにも感謝。

ゆで卵は時間の都合で2時間しかタレに漬け込めなかったけど、十分味が染み込んでうまかった!

うんうん…

・・・ってことは…?

   

ここでまたまた2人同時にある考えがひらめいたんだよね。

    

豚肉がこれだけ美味しくなるってことは・・・

鶏肉や牛肉はどうなっちゃうのよ?

  

という事で・・・早速やってみた!(2回目)

BONIQを使ってジューシーな鶏ハムを作る

今度は公式レシピから61℃ 自家製!美味しい鶏ハム」をチョイス。

>>61℃ 自家製!美味しい鶏ハムの公式レシピを見る

鶏肉はもともと冷蔵庫の中に入ってた普通の胸肉を使用。

値段忘れちゃったけどスーパーで買った安いヤツっす。

材料は公式レシピでご確認下さい。(手抜きごめんなさい)

BONIQの設定は温度61℃・時間120分。

61℃ 自家製!美味しい鶏ハムの手順

手順①鶏肉を観音開きにして脂身を切り取ってから、薄くのばす。

(本当ならここで1日冷蔵庫で寝かす&水に入れて塩抜き作業をしなきゃいけないんだけど時間的な都合で今回は省略)

    

  

手順②肉をラップでクルクル巻く!きつめに縛るのがポイント!

  

   

手順③ラップでくるんだ胸肉を静かに湯せんに投入。

    

   

手順④2時間たってアラームが鳴ったら完成!

   

   

  

BONIQで作った鶏ハムのお味は・・・?

1~2㎝幅に切り分けて盛り付けして、オリーブオイル「あり」「なし」の2パターンで盛ってみた。

オリーブオイルなし

オリーブオイルあり

実食

柔らか~い

モチモチする~

 

「胸肉がパサパサ」という常識をぶち壊すジューシーな食感

途中の工程を省略したから薄味になっちゃったけど十分うまい!

オリーブオイルありの方が俺は好き!

鶏の唐揚げとか他の鶏料理を作るときも、BONIQでひと手間掛けて作るとより美味しくなるんだろうね~

BONIQで牛肉ステーキを作る

  

最後に牛肉!

京王ストアで「100g880円」のイチボを2枚購入。

本当はもう少し安い牛肉でやる予定だったんだけど、欲望のかたまりと化した2人の勢いを止めることが出来なかったよ・・・

せっかく2枚買ったので、1枚は「BONIQを使用」、もう1枚は「BONIQ不使用」でそのまま焼いて味比べしてみた。

  

  

牛肉のレシピはBONIQ公式ではなく、適当にググって見つけた「3代目浅井大司さんのオフィシャルブログ」の記事を参考にして作ってみた。

>>3代目浅井大司さんのオフィシャルブログを見る

ステーキの手順

手順①塩コショウしたお肉をジップロックに入れる。

  

  

手順②BONIQの設定を温度58℃・時間60分にして湯せん開始

   

   

手順③60分後アラームが鳴ったら湯せんから出す。

   

    

手順④フライパンで焼く!片面を1分ずつ、全体にキレイな焼き目がついたら完成!

   

BONIQを使った牛肉ステーキの味比べ

    

下がBONIQ使用分で上が未使用分。見た目的にはそんなに変わらないね。

BONIQを使ったステーキwithガーリックチップ

    

(青色の皿と肉の相性って最悪だな…て学びました…。こっちも白にすれば良かったー)

BONIQを使わなかったステーキwith大根おろし

実食

両方うめー!

両方うめー!

  

(一番ダメな感想)

良い肉だから2枚ともメチャクチャおいしい!

BONIQなし」の肉は、メンチシェフにレアにしてもらったんだけど、「BONIQあり」の肉の柔らかさとほぼ同じだった。

っていうか!

中までキッチリ火が通ってるのに、レアの肉とほぼ同じ柔らかさって改めて考えるとスゴイよね。

生っぽいのが苦手」という理由でウエルダンにする人がいるけど、どうしてもレアより肉が固くなるのは避けられない。

でもBONIQを使えば、シッカリと火が通ってるのに柔らかいので、レアが苦手な人でも柔らかいお肉を楽しむことが出来る!

これって画期的じゃね?

ということでこれにて試食会は終了。

っていうか・・・

食いすぎて腹がやばいっす(笑)

BONIQの総評

BONIQを実際に使う前だったら、

   

 

私はね、毎日低温調理器を使ってるんだーウフフ~

    

なんてドヤ顔で言われようもんなら、

  

へースゴイっすね!

(意識たけーしウザー!いちいちそんなん言わんでもいいわボケカス)

  

というのが本音だったけど、使用後の今となっては…

  

分かる(分かる)

   

即レスしてしまうほど。

中でも低温調理器ランキング第1位BONIQは使いやすい。日本語なのも良い。

調理が好きな人にはおすすめします。(調理めんどくさー!って人にはおすすめしないっす)

  

   

コメント

コメントする

目次
閉じる